駅弁の東海軒

東海軒

東海軒について



東海軒 > 東海軒について

明治二十二年から続く、お弁当づくりの心。

東海軒社屋
明治22年、東海道線・東京神戸間開通。「東海軒」の歴史はここから始まりました。当時の鉄道省の承認を得て、駅前・紺屋町の一角で「汽車弁」をつくり、静岡停車場で販売したのがそのスタート。以来今日まで100年を越える年月、お弁当づくり一筋。歩み続けてまいりました。
原点と言える駅弁第一号は、販売価格5銭、にぎり飯に沢庵を添えて竹の皮で包んだもの。続いて誕生した「鯛めし」は、明治、大正、昭和、平成と続くロングセラーに。芝居小屋で芝居の幕間に食べられていた弁当を参考に考案した昭和12年生まれの「幕の内弁当」も、今も愛され続けている東海軒の看板弁当です。時代と共に生まれた数々のお弁当。そうしたお弁当を召し上がって頂いたたくさんのお客様によって、東海軒は育てられ、歩み続けることができたのだと、心より感謝いたしております。この伝統を礎に、さらにもっと皆様に喜んで頂けるお弁当づくりを東海軒は目指します。


素材・調理のこだわり

素材、調理それぞれにこだわりを持ち、安心して美味しくお召し上がり頂けますよう、努めています。

製造工程について

調理機器はもとより、衛生管理においても最新設備を導入。安心安全をご提供するべく、努めています。



東海軒

〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂6-5-35
TEL:054-287-5171 FAX:054-287-5172

Copyright © TOKAIKEN All Rights Reserved.